どろどろのハダカイワシ

どろどろのハダカイワシ

某調査船で漁獲されたハダカイワシ類の未同定種。これはマグロ漁船によって漁獲されたものの胃内容物です。鰭も含めて溶けかかっています。しかし日本の近海で見られるハダカイワシや、サガミハダカなど普通種と比べ体高が高いです。雰囲気も独特ですね。

このほか、デメエソ類(大抵は、半消化)と、クロボウズギス科の魚(こちらは鰭条数など数えられ、同定も可能なようですが、資料が少ない・・・形質のメモをとり、のちに同定したい)などがありました。

最近はこんなのとトビウオの仲間ばかり。トビウオの仲間、ツクシトビウオはよく見ますが、ホソトビウオなど見ませんね。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます