トビハタ

トビハタ

写真の魚はハタ科のトビハタTriso dermopterus (Temminck and Schlegel) です。ハタ科の魚はなかなか高価なので1匹購入するのは難しいのですよね・・・

トビハタ属魚類はそのメジナのような体つきからもわかるようにハタ科の中ではちょっとユニークなグループです。マハタ属やユカタハタ属、バラハタ属などと同じグループに入るのですが、1属1種です。

ハタ科の魚は主鰓蓋骨に3棘があるのですが、この個体は1つしか棘が見えません。あとは隠れてしまっているのでしょうか。

トビハタは南日本~西部太平洋、オーストラリアに分布するとされています。関東近辺ではあまり見られないというお話をお伺いしました。また琉球列島には分布しないとされております。香港では市場に出ていたりするようですが、沿岸部では漁獲されているのでしょうか。

刺身の写真は残念ながら写真に撮るのを忘れてしまいました・・・後日掲載いたします。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます