ウツボの蒲焼

ウツボの蒲焼

今年は土用の丑の日、夏には欠かせない食材のウナギの価格が高騰し、なかなか手に入らなくなりました。私はウナギはあまり好物ではないのですが、高知でこんなものを買ってきました。

ウツボGymnothorax kidako (Temminck and Schlegel)です。

ウツボといえば、黄色と黒の、関西地方でおなじみのカラー、を想像されますが、今回のは真っ黒。これは実はあぶってあるのでした。裏側を見ますと、串を刺した跡や、焦げがついているのが確認できます。

ちなみに購入した場所は、魚はかなり安価なのですが、ウツボだけは高い値段がついていました。あとイスズミもかなり高いように思いました。高知ではウツボは重要な食材となっています。他、千葉、和歌山、南九州ではよく食べられるようです。

タレは若干甘目に仕立てました。これをご飯の上に載せて美味しくいただきました。

ウツボは細長い体で、中々個人宅で綺麗にさばくのは難しい魚、私は前にアミメウツボで失敗しておりますので、こういうすでにさばいてあったものを食するのもよいでしょう。肉はウナギよりも量がありますが、魚というよりも肉という感じが奇妙、皮はコラーゲンの摂取ができそうで、女性に人気がでるかも。かなり美味でした。

ごちそうさま!

●ウツボ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます