フィリピン魚番外:鮮やかなオオマルモンダコ

フィリピン魚番外:鮮やかなオオマルモンダコ

今日はフィリピンの珍しい魚がHN「鈴鹿」さんから届きました!今回は「フィリピン魚番外」としてタコの仲間をご紹介します。

オオマルモンダコという、タコです。私はタコ類には疎いのですが、このオオマルモンダコは頭足綱・タコ目・マダコ科ヒョウモンダコ属に含まれる小型のタコです。
このタコは二つの意味で有名なタコです。

まず、鮮やかな青い環状の模様があり、地味な色のものが多いタコの仲間では美しいものです。
そして、猛毒のテトロドトキシンを有することでも知られています。かまれると死ぬこともあるほど危険といわれています。

冷凍された状態でやってきましたが、その後解凍してもメタリックブルーの輝く環の模様がとてもきれいです。冷凍された状態でやってきましたが、その後解凍してもメタリックブルーの輝く環の模様がとてもきれいです。
観賞用として海水魚店でも販売されていますが、その取り扱いには十分な注意が必要です。ただ、本当にきれい、しばらく見入ってしまいました。

今回のフィリピン魚もなるべく早いうちにブログにアップしたいところ、しかし、まだまだ、今年の4月にきた分が残っています。まずはそれからです。

●頭足類

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます