マスタッチジョーフィッシュ

マスタッチジョーフィッシュ

アゴアマダイ科・アゴアマダイ属のマスタッチジョーフィッシュOpistognathus lonchurus Jordan and Gilbert,1882です。

アゴアマダイの仲間で観賞魚として流通するのは橙色の帯があったり、体中に青い斑点があったりと模様が派手なのが多いのですが、本種はクリーム色というか、白~黄色の体に縦線が数本あるという、地味であるがよく見たら美しい種類です。

マスタッチとは英語で口ひげの意味。その名の通り、顎のところに黒いラインが入ります。アゴアマダイの仲間は可愛いのが多いのですが本種ではさらに可愛いので、人気がある種類のようです。本種はフロリダからスリナムの海底に生息するのですが、同じような地域に生息しているイエローヘッドジョーフィッシュと比較するとかなり高価な種類です。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます