ナンヨウサヨリ

ナンヨウサヨリ

今月の22日に、三重県からお魚が届きました。そして、昨日も沖縄からお魚が届きました。ありがとうございます。

この魚は三重県の方から届きましたナンヨウサヨリHemiramphus lutkei Valenciennes,1846です。普通のサヨリとはやや違って見えます。体ががっちりした感じですね。

日本にはナンヨウサヨリを含め、9種類のサヨリ科魚類が分布しています。属は4属からなり、サヨリやマルサヨリなど5種の日本産サヨリ科魚類をふくむサヨリ属が最も多く、ついで本種をふくむホシザヨリ属が2種、あとは1属1種のものがひとつずつです。

ホシザヨリ属はの魚は吻背面には鱗がないことでサヨリ属の魚と区別することができます。吻というのは頭部のうち、眼の前方、上顎前端まで、ということですから、サヨリの仲間の場合これは非常に短いのです。

日本産ホシザヨリ属の魚は本種とホシザヨリの2種のみ。ホシザヨリはその名の通り、体側に暗色斑があります。本種もホシザヨリも、熱帯域に多いのですが、相模湾以南の温帯域にも分布しています。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます