イタチウオ

イタチウオ

癒し系(?)の魚、イタチウオBrotula multibarbata Temminck and Schlegel, 1846がやってきました。

イタチウオは、アシロ科の魚です。アシロ科の魚の殆どが深海魚ですが、このイタチウオは、珍しい浅海にすむ種類です。

イタチウオがほかのアシロの仲間と異なるのは、吻の部分にひげがあること。ほかのアシロ科の魚、たとえばヨロイイタチウオなどは市場などで「ヒゲダラ」という名前で流通することがありますが、この種類の下顎にある長いのは、腹鰭だそうです。

イタチウオの場合、写真にもありますが、鰓蓋の後方にあるのが腹鰭のようです。腹鰭は2軟条からなるようです。

分布は広く、千葉県以南の太平洋側、新潟県以南の日本海側、~琉球列島、海外ではイースター島を除くインド・太平洋海域にすむようです。

このかわいい、「癒し系魚」を美味しくいただくことに。

イタチウオをぶつ切りにして唐揚げ

イタチウオのバター焼き

今回は唐揚げとムニエル。

唐揚げはそのままぶつ切りにしたもの、ムニエルは小骨をのぞいて調理。

ムニエルは肉が離れやすく、美味しく食べられました。ぶつ切り→唐揚げはどうしても小骨が気になりました。やはり最初のうちに小骨はのぞいた方がいいかもしれません。

●アシロ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます