カワムツ

カワムツ

昨日は午前中に用事があったので帰りに川へ寄ってきました。場所はいつもの場所で、ここではオイカワなどが多い場所。

しかし今日は・・・

カワムツCandidia temminckii (Temminck and Schlegel, 1846)

カワムツは西日本の河川に多く生息する種類。関東では移入とされていますが、この河川では在来でしょうか、それとも移入でしょうか。カワムツは上流ではよく見られるようですが、この間の台風による河川の増水で、流れてきたのでしょう。

もう一丁。

大きいのから小さいのまで、数多くの個体を見ることができたのですが、この日は、この場所に多く生息するオイカワがみられませんでした。

さらに下に流れて行ったのでしょうか。

カワムツ以外にはこんな魚も。ほかはアブラハヤ、シマヨシノボリ、カワヨシノボリ、ボウズハゼでした。ヨシノボリはすべてこの2種類で、5月に大量に遡上してきていた、オオヨシノボリの姿はありませんでした。吸盤で岩に張り付けるので、カワムツのように下に降りてくるようなことはないのでしょう。

帰りにはこんな虫を捕まえました。タイコウチ。水生カメムシの仲間を採集するのは久しぶりです。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます