ナミフエダイ

ナミフエダイ

前回の記事の続き。前回は、キチヌが初めて釣れたところで終わりましたが、その後はあちこち釣り場を変えながら釣りをしました。この日は天気が不安定で、いい天気だ~♪なんて思っていたら突然の豪雨、なんていうこともありました。

写真は油津港そば「はんえい」というお店での「ごんぐり唐揚げ」。マグロの胃袋の唐揚げ。私はこれが大好きなのです。

その後は再び釣り。

私はオキアミで粘ります。同行していただいた「あらら」さんは、あちこち探っている感じですが、私は防波堤のコーナーの部分で、小魚狙いに徹するのでした。

で、この魚が釣れました!

ナミフエダイです。

フエダイ科の魚で、宮崎でも釣れているのを写真で見せていただいたことがあったのですが、自分で実際に釣るのはもちろん、初めての種類。

フエダイと非常によく似ているのですが、頭部の青いラインがフエダイよりもずっと目立ちます。ただし私はフエダイの写真を新鮮な状態で撮影したことがなく、比較しにくいのです。

ちなみに、体側の横帯は、非常に明瞭で、釣った時にはフエフキダイの仲間か、あるいはオヤビッチャの仲間かと見間違えてしまうくらいでした。

オヤビッチャの仲間といえば、こんなのも・・・。

ロクセンスズメダイ。結構鱗がはがれてしまっていましたが、何とかリリースできました。無事だといいけどな・・・。

続きます。

●サバ科 ●フエダイ科 ●スズメダイ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます