キタマクラとサザナミフグ

キタマクラとサザナミフグ

今回の宮崎釣行では、2種のフグの姿を見ることが出来ました。今回の釣行で一番数が多かったフグは、このキタマクラです。

キタマクラは南日本太平洋岸、黒潮が当たる場所でよくみられる種類です。口が小さく、垂らしてあるハリから、餌を盗るのがとても上手な魚なのですが、今回は何べんも、陸に揚げられたのでした。上の個体は、私が釣り上げた個体。

この子は雄でしょうか。眼の周り、口から鰓の付近にかけ、青い斑紋が入り、よくよく見たら美しいものです。そして眼が大きくて、意外とかわいいのです。キタマクラは餌とりの、迷惑な存在とも言われますが、下手な釣り人の竿を揺らしてくれる、楽しい存在、かもしれません。ただ皮膚などに毒があるので触ったら手を洗いましょう。

今回はもう1種、フグの仲間を釣ることが出来ました。

サザナミフグは、何度も手網ですくったことはあるのですが、釣れたのははじめてです。同行していただいたあららさんは、全く同じ場所で数日(数週間?)前にこの魚を釣ったことがあるそうで、ブログを見ますと、確かにその個体にそっくりです。沿岸から内湾にみられ、さらに汽水域にも出現する種類です。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます