宮崎釣行記事 (ラスト)

宮崎釣行記事 (ラスト)

港の中はかなり浮遊物が多かったです。写真の真ん中にうつってる枯葉を「マツダイ」と勘違いしてしまいましたが、よく見てみますと普通の枯葉のようです・・・。

宮崎釣行記も長くなりましたが、今回の公開でおしまいです。

ネンブツダイは釣りの外道としておなじみ。ですが、私はこの魚久しぶりに釣りました。水が濁っていて昼間でもよく食いついてきてくれました。

スズキはもっと久しぶりに釣れた魚です。本当に久しぶり。前に釣ったのはいつだったか思い出せないくらい・・・。

イトフエフキはよく釣れます。投げ釣りではかなりよく釣れる場所があります。眼のなかの青がすごくきれいです。

アカササノハベラ。日南で釣れるササノハベラ属の魚は本種が多いようです。ただ宮崎市内のとあるポイントのように、2種がそろう場所もあります。

カサゴ。体長5cmほどで、私の釣ったカサゴ最小記録を更新したとおもいます。もちろんリリース。

以上、私の視点からの宮崎釣行でした。

あららさん、ありがとうございました。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます