今年最初の川遊び オイカワやカワムツが見られました

今年最初の川遊び オイカワやカワムツが見られました

昨日は今年最初の川遊びに出かけました。河川は非常に冷たいですが、魚は大丈夫なよう。オイカワやカワムツなどがみられました。

ハヤの仲間で大きいのは、みなカワムツのほうでした。カワムツは関東平野から九州の河川までに分布するようですが、静岡では自然分布の東限にあるようです。この個体はやややせ気味で腹部が充血?していて、もしかしたら病気なのかもしれません。コイ科の魚はカワムツとオイカワの他、スゴモロコのようなのが1匹いましたが、これは採集できませんでした。

ボウズハゼは、今回4個体を目視しました。本州太平洋岸の河川から、台湾まで分布するハゼですが、寒いのは苦手ではないのでしょうか。沖縄や奄美ではたくさん見ることができます。

こちらはカワヨシノボリ。このほかに頭部にミミズ状斑紋があるシマヨシノボリも採集することが出来ました。

今回採集した魚はすべてリリースしてます。

●コイ科 ●ハゼ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます