難解なヒゲ トウジン

難解なヒゲ トウジン

先週の金曜日、静岡県焼津港「長兼丸」の長谷川さんの船に乗せていただく機会があったのでしたが、その際に採集された、トウジンの仲間。トウジン属は前に「トウジン」の記事でも書いたのですが、どうしても似た種類ばかりで難しいものです。この種類は体側に薄いバンドがあり、ミヤコヒゲやムスジソコダラの仲間だと思われます。
トウジンの仲間の同定は大変難しい。その理由は体側の斑紋だけでなく、鱗の様子や、果ては手触りまでが同定のキーになるから。

トウジンの仲間のうち、トゲトゲした鱗をもち、体側の後半に太い横帯を有する種類は3種いるようで、これらは頭頂の鱗により区別できる、と魚類検索。

これが頭頂部。頭頂の鱗は両眼の丁度中央あたりの鱗。拡大していっても、どうも隆起線が1本が多いように見える。ということはミヤコヒゲであろう。ミヤコヒゲは水深360~760mに生息し、分布域は房総半島から沖縄舟状海盆とかなり広域で、駿河湾ももちろん分布域にはいるであろう。

対して他のズナガソコダラ・ムスジソコダラは九州‐パラオ海嶺にのみ分布とあるが、これらのうち、どちらか忘れてしまったが、たしかムスジソコダラの方は前に駿河湾の海底にいるのを見たような気がする。もしかしたらムスジソコダラも駿河湾にいるのであろう。念のため近いうちにもう一度確認したい。

いずれにせよ大事なのは、本種は肉は白身でありとてもおいしい種類ということである。そのため標本の確保が難しい。もしかなうのであればもう一度船に乗って標本を入手したい・・・。

●ソコダラ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます