久しぶりの淡水魚採集 タイリクバラタナゴ

久しぶりの淡水魚採集 タイリクバラタナゴ

6月28日は今シーズン初の淡水魚採集にお出かけしました。

朝起きてみますと雲が・・・(写真はこの日撮影したものではありません)。雨もぱらぱらと降っていましたが、関東での淡水魚採集は15年ぶりくらいなので、雨天決行・強行で行ってきました。

現地に到着後は雨は止んでおり、現地で待ち合わせたお友達とともに、小魚の採集を楽しみました。しかしその後も再び雨が降ったり、やんだり・・・。最終場所の近くではニホンアマガエルがたくさん遊んでいました。この種類を見るのも久しぶり。若しかしたら小学校のころ以来かも?

こんなに小さいです。採集場所でもたくさんのオタマジャクシを見ましたが、その多くがウシガエルでした。

私は手網を持っていましたが、お友達の方は竿をもっており、色々釣れていました。

この美しいのはタイリクバラタナゴRhodeus ocellatus ocellatus (Kner, 1866)。婚姻色が出た雄。美しい魚なのですが外来種で、多くのタナゴが春、一部の種は秋に産卵するのに対し、この種類は産卵期が3~9月と長期に及び、その強い繁殖力でほかのタナゴを駆逐してしまいます。採集した個体は持って帰る、飼育した個体を野外に放たないなどの心がけが大切でしょう。

雨でじめじめしてテンションはイマイチでしたが、楽しい採集となりました。

●コイ科 ●両生類

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます