ヤエヤマギンポの近況

ヤエヤマギンポの近況

ヤエヤマギンポ。我が家の水槽には2010年から住んでおり、かなり長い付き合いの子です。

ヤエヤマギンポは、多くの海水魚愛好家は「こけとり」として飼育されているのですが、実際にこの魚を見てみますと、まつげのような皮弁があったり、眼が大きいなど非常に可愛いものです。

こけとりとして入れられることが多いのですが、もちろん一般的なサンゴ水槽では、水槽に付着する藻類を食わせるだけでは長生きさせにくいと思います。やはりこのヤエヤマギンポに合う配合飼料を給餌したいです。

我が家では大体「メガバイト グリーン」を使用しています。最初は写真の「S」を使っていましたが、現在はよりはやく沈み、大きな口で藻類を食むギンポの仲間に良いようにMサイズを与えています。給餌の際にはまず餌を計量カップに入れ、海水をくわえ、さらに栄養のアミノ酸添加剤を加え、それらをかき混ぜるというやり方をとっています。餌は水槽に大量に与えます。とにかくたくさんの餌を与えます。もうアミノ酸の添加などもあり飼育水が白く濁るほどです。

熱帯地方のタイドプールでカエルウオの仲間を観察しますと、この仲間は兎に角餌を食んでるのを見ることがものすごく多いのです。そして、採集してみますと、皆腹がよく膨れております。痩せているのは見たことがないです。実際にたくさんの餌を必要としている魚には、とにかくたくさんの餌をあたえることが大事というのが私の考え。しかしそれでも最近は、ヤエヤマギンポの体後方がやや平たくなっているように感じます。これは回復まで時間がかかるようです。

メガバイトは確かに良い餌であるとは思いますがそれでも万能ではありません。メガバイトの他にも色々な植物食魚類用の餌が、国内海外問わず出てきています。今度いくつかまた与えてみたいと思います。

●イソギンポ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます