ヌタウナギ

ヌタウナギ

昨日島根県のほうから面白い魚(?)が届きました。ヌタウナギという種類です。

ヌタウナギはの仲間は現生する脊椎動物の仲間では最も原始的な生物であるということです。体から粘液をだし、体はウナギのように細長いため「ヌタウナギ」と呼ばれているようですが、もちろんウナギの仲間とは異なります。

普通の魚・・・ここでは名前についている「ウナギ」(標準和名ニホンウナギ)に登場していただきましょう。普通の魚にはちゃんとした顎があります。

その一方でヌタウナギ。顎はいったいどこにあるのでしょう。写真からは分かりませんね。眼は退化しております。

ということで腹面から。実はこの仲間の口は裂溝状で、顎がないのです。そして立派な髭があります。写真の左の方にある穴は口ではなく、「外鼻孔」とよばれるものです。

これは鰓孔。鰓孔はヌタウナギの仲間では大体6~8対ほどあります。鰓孔は互いによく離れています。クロヌタウナギという似た種類がいますが、この種類は鰓孔がたがいに接近するのが特徴。鰓孔よりも小さな穴は粘液孔で、ここから粘液を放出するのです。

ヌタウナギ科は従来「メクラウナギ科」とされていましたが、日本魚類学会が差別的な語をふくむ和名を改名する、としており現在の科の和名はヌタウナギ科となっています。ヌタウナギ科というものについては古くはEptatretidaeの和名として使用されておりましたが、現在ではヌタウナギ目の生き物はみなMyxinidaeに含まれているようで、2科に分けられてはいません。Eptatretidaeは1属で、外鰓孔は5対(前後)、であるのが特徴だそうです。

この奇妙な生物も食用となります。特に日本海側や駿河湾などでは本種を対象にした漁業がおこなわれているようです。肉は焼いて食べられ、皮は革製品の材料になります。しかしながら定置網や刺し網の魚を食いあらすとか、粘液で汚れるとか、漁業者にはあまり歓迎されない面もあるようです。

●ヌタウナギ科 ●ウナギ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます