ミハラハナダイ | 魚のブログ

ミハラハナダイ

今月こそはブログを頻繁に更新したいと思います。ここ何か月かずっと、同じことを言っている気がしますが。

ということで、11月最初の記事。

ミハラハナダイGiganthias immaculatus Katayama, 1954です。

ミハラハナダイは学名が示すように「~ハナダイ」とつく魚の仲間では巨大で、30cmを超えます。キロオーバーの個体もいるようです。しかしながらミハラハナダイは、他の「~ハナダイ」の大多数の種類と異なり、ミハラハナダイ科という独自の科に入れられることが多いです。この科はミハラハナダイ属のみからなり、種類もこのミハラハナダイと、Giganthias serratospinosus White and Dharmadi, 2012の2種が知られるのみとされています。

「日本産魚類検索第三版」によりますと、本種は伊豆半島や伊豆諸島、三重県、和歌山県、八重山諸島に分布するとのことですが、この個体は神奈川県で水揚げされた個体です。海外では台湾に分布しているようです。Fishbaseに掲載されているミハラハナダイの写真も台湾産のものです。もう1種の方はインドネシアに産する種類ということでした。

ミハラハナダイの特徴は、下顎の先端に歯塊があることでしょう。これは特徴的です。同じように体が赤く、体が丸いアカマツカサなどの類を思わせる特徴ですが、背鰭棘もそれらと同様かなり強いです。背鰭の第2~4棘は鋸歯状となるという記述がありましたが、この個体にはそれが見られません。この子を送っていただいた方も背鰭棘がぎざぎざじゃない、とおっしゃっていました。どうやら第3棘の先端のみ鋸歯状の場合があったりするようです。

一方で腹鰭の先端の部分は鋸歯状になっていました。腹鰭棘はどの個体もこのような鋸歯状なのでしょうか。

美味しくいただきました、普通に刺身で食しても歯ごたえと甘味があり良い味。しかし残念ながら写真には撮っていないのでした。味はシキシマハナダイに似た感じ。赤い魚は美味しいものです。

●ミハラハナダイ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます