クロガシラガレイ

クロガシラガレイ

もう3月の終わりということで、春!のはずではありますがまだまだ寒いです。

冬美味しい魚と言えばやはりカレイの仲間。今回はスーパーマーケットで黒カレイというのを購入。標準和名で「クロガレイ」というのがおりまして、それと思い購入したもの。

カレイの仲間は北半球の冷たい海に多く生息する魚で、日本では北海道から東北地方までの太平洋岸、日本海の広域に生息しています。北海道には種類が多く、北海道では日本に産するほぼすべての種類が見られます。今回購入した種類もやはり北海道産。カレイ科魚類の同定は有眼側の体の特徴や、頭部の特徴、顎歯の特徴などにより区別されるものが多いので、それらの特徴を記録しておくとよいでしょう。また無眼側の様子が同定形質になるものもおり、それらも記録しておくと同定によいのです。

この種類は有眼側にいぼ状の突起がなく、口は小さく歯の発達もあまりよくない、さらに側線が湾曲する、有眼側に鱗があるなどの特徴からツノガレイ属のものになります。日本で広まっている考え方では、マコガレイ、マガレイ、スナガレイ、トウガレイなどの種類がこの属に含まれますが、欧米では分類についてやや異なる場合があったりするようです。

この個体は有眼側、無眼側に黒色の帯があり、尾鰭には斑紋がなく、クロガレイかクロガシラガレイになるものだということがわかりました。しかしこの2種はよく似ております。

まず尾鰭ですがこの個体の尾鰭は白く縁どられないので、クロガレイの特徴を持っていると言えます。一方で側線の様子は「低い」か「低くない」ということなのですが、やはり言葉だけではわかりにくいです。どこの部位よりも低いとか、何パーセント、とか書いてくれればわかりやすいですが。ただ魚類検索図鑑の図示ではクロガシラガレイのほうが近いでしょうか。

もう一つクロガシラガレイの特徴としては、鰓蓋下部の皮弁を有する事があげられます。これを探してみると・・・見つけました。灰色の丸で囲んだ部位です。北の魚、とくに沿岸の浅い海にすむカレイの仲間は、カジカの仲間やアイナメの仲間同様かなり苦手なものです。

ということでフェイスブックにこの写真を掲載したら、さっそくクロガシラガレイという回答を頂いたのでした。ありがとうございました。ちなみに今回のカレイは写真撮影の後唐揚げでいただきました。クロガシラガレイはマコガレイに近いようで種の異同については要検討とも言われております。マコガレイはかなり美味なカレイと言われており、本種もかなり美味なものでした。

●カレイ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます