秘密の小型水槽 | 魚のブログ

秘密の小型水槽

我が家の水槽でこれまであまり(というか殆どまったく、少なくともブログでは)公開してこなかった小型の水槽。この水槽自体はホームセンターで購入した「メダカの水槽」にブクブクをしているだけという水槽です。

此処で飼育している魚は2種。今回はそのうち1種をうまく撮影できたのでご紹介。タネギンポPraealticus tanegasimae (Jordan and Starks, 1906)というイソギンポの仲間。この種類は岩礁性の海岸にあります潮溜まり(タイド・プール)に主に生息、潮が引いているときは空気中に体をだしていることもあります。採集できる場所は本州では和歌山県白浜以南でで、台湾やグアムにも生息しています。可愛い顔が特徴の魚です。

タネギンポは大きくなると10cmを超えます。こけを主に捕食する藻類食性の魚ですが、飼育下では配合飼料などもよく食べます。大きく育ててメインの水槽で飼いたいです。

メインの水槽はどうなったかというとあまり変わりません。こけの発生はすごかったのですが、最近はそれも解消しつつあります。先日発生した謎の小さなサンゴはウミアザミの仲間だったようです。前の写真でご紹介したときは真っ白でしたが今は薄いピンク色でとても綺麗です。来週中に一度水槽の大掃除をする予定です。

●イソギンポ科 ●ハードコーラル

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます