最近のシコロサンゴのマザー・コーラル

最近のシコロサンゴのマザー・コーラル

最近また記事を書くのをさぼってる・・・というか記事がない。

近日中にお引越しすることになり現在はその荷造り中。

最近のサンゴはこんな感じ。

シコロサンゴ。シコロサンゴはサンゴ礁の海や四国の海岸では結構な数が見られるサンゴらしいサンゴ。しかしながら飼育はハナガタサンゴやタバネサンゴとあまり変わらないよう。光もメタハラでなくLEDで十分、水流も大したのは必要ないという種類。これは以前から飼育しているシコロサンゴが欠けたものを接着したもの。以前の写真と比較して縁の部分がだいぶ成長してきています。

縁の部分の他、下方にもポリプがふさふさな感じで育ってきています。サンゴを「育てたい」という方にお勧めできる種類です。難点は入荷が少ないこと。最近はインドネシアのブリードモノやフィジー産の近縁種なども出回っているようです。カルシウム・リアクタがなくても添加剤で育成できる種類です。

ウィスカーズコーラルはシコロサンゴと異なり育成に一癖がある種類です。ポリプの方もわさわさと出てきており少し成長している感じがします。このサンゴには餌を与えるとよいようで、冷凍のコペポーダなどをスポイトで吹きつけるように与えています。飼育してひと月ほど経ったころなかなかポリプをださず引きこもりになったかと思いました。

シコロサンゴのマザー・コーラル。

このマザーコーラルの間にクモギンポが隠れていました。この子も我が家の水槽に来て長いです。2012年の7月に採集してきて2年以上我が家にいることになります。この子とは名古屋→静岡→そしてつくばでともに暮らしました。同じようなものにはカエルウオやクモウツボも当てはまります。今後も一日でも長くこの子たちといたいものです。

●ハードコーラル

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます