傷ついたダテハゼ

傷ついたダテハゼ

ダテハゼの仲間はインド-中央太平洋に生息する、ハゼ科の魚です。この仲間の特徴はご存じ、テッポウエビの仲間と共生するということ。私もこれまでヤノダテハゼ、クビアカハゼ、マスイダテハゼ近縁種など、この仲間を何種類か飼育していました。現在飼育しているダテハゼは「ハチマキダテハゼ」という種類で、2013年に飼育しはじめて以来、あまり存在を主張することはなかったのですが、元気に過ごしておりました。

しかし、先月に悲劇が起きてしまいました。水槽を新居に引越しする前に、いったん予備の水槽に入れて飼育していたのですが、そこにはクマノミなどの魚がおりまして、鰭や体はぼろぼろにやられてしまいました。・・・かなりひどい状態でした。理由は分からないですがテッポウエビがおらず隠れる場所もなかったというのが理由なのかもしれません。本当にかわいそうな姿になってしまいました。

でも、ハチマキダテハゼさんはがんばりました。なんとか耐えて無事に新居の水槽にお引越し。ここではパートナーのニシキテッポウエビとも再開しふたたび一緒に過ごすことになりました。

その後は白点病のように胸鰭に白い点がつくような状態になりましたが、あっという間に胸鰭がクリアな状態にもどりました。

新しい添加剤

ブライトウェル「ガーリックパワー」は餌に添加することで効果的に栄養を届けることができ、このほか寄生虫がいる場合これを使うことで改善がみられるという添加剤。

蓋をあけるとものすごいにんにくの臭い。別れたい彼氏・彼女がいる場合はこれを口腔内に大量に添加した後でキスをするとすぐにお望みの結果が得られると思われます。ガーリックパワーの注意書きに「本品は薬用ではありません」と書いてありましたが「食品ではありません」とはどこにもかいておりません。

与え方は簡単。コップに餌を入れその餌が浸る程度に「ガーリックパワー」を少量添加するだけ。メガバイト-レッドのSサイズはさまざまな魚に使いやすいです。我が家でもハゼやクマノミたちはこれを好んで食べます。

効果があったかはわからないのですが白点も収まったし、また元気になったので少しはあったのかな・・・??

ブライトウェルからは他にも色々な製品がでております。この社の製品は、海洋科学者が考案したもので、バリエーションも豊富。この会社の回し者ではないのですが、この記事だけで2回もこの会社の商品を紹介しているというのは、なんといっても特定のニーズに対応しており使いやすいからです。

フィトクロームは植物性プランクトン、ズープランクトスは動物プランクトンでサイズが2種あります。ヤギやトサカ、ハナガタなどを飼育するときはかなり役にたつと思われます。これに冷凍コペポーダやワムシなどを添加したりします。

H&Sのマリンデラックスもよいものです。これは以前(といってもだいぶ前ですが)にご紹介させていただきました。コペポーダなどに添加して与えます。

●ハゼ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます