シコロサンゴとトゲナシヤギ

シコロサンゴとトゲナシヤギ

またも久々の更新となってしまいました。さて我が家の水槽で飼育しているシコロサンゴは前回と若干形が変わってきました。この水槽は水は浄水器で溶かした人工海水を使用しておりますが、それでもサンゴは他のサンゴと接触しなかったものはみんな元気です。魚は相変わらず遊泳性のオグロクロユリハゼであったが飛び出しと拒食で3匹を死なせてしまいました。ゼブラハゼ、イレズミハゼ、アオモンギンポなど他の魚は元気です。

さて、先週の6/11ですが新しいサンゴを水槽に入れました。購入したもののうち、一つは「シコロサンゴ」。私好みの小さな個体を埼玉のB-boxさんで発見し、購入に至りました。1週間たった今でも状態はあまり変わらず、前からいる先輩シコロサンゴのように、あまりふさふさしておりません。明日には写真を公開できそう。

もう1種は母親の強い要望で購入したサンゴ!

トゲナシヤギという種類です。この種は淫・・・じゃなかった隠日サンゴで餌を必要とします。そして低い水温での飼育が望ましいといわれていますがこの種類は一般的なサンゴと同じくらいの水温で飼育することができるということです。ポリプもかなり大きく、サンゴが餌を食うシーンを見ることができます。長く飼育できるように色々と工夫が必要そうです。

開いたら、こんなに美しい!

開いてなくても美しいですが、開くと素晴らしいサンゴになります。工夫やこまめな餌やりが必要ではありますが、これらも楽しく感じます。

●ハードコーラル ●ヤギ

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます