青い石鹸魚 ルリハタ

青い石鹸魚 ルリハタ

こんな美しい魚が我が家にやってきました。ルリハタという魚です。静岡県御前崎から遥々やってきてくれたのでした。「福一」杉本 昌司さんより。ありがとうございました。

本種も「ハタ」と名前がついており、ハタ科・ハタ亜科の魚なのですが、マハタ属やユカタハタ属などとは、やや異なるグループです。マハタ属、ユカタハタ属、スジアラ属、バラハタ属、トビハタ、ヤマブキハタ、クロハタ、サラサハタ、タテスジハタは「マハタ族」というグループに含められ、本種はヤミスズキ属やキハッソク属とともに「キハッソク族」をつくります(上記の写真はキハッソク)。ルリハタ属は本種のみの1属1種ですが、現在分類学的再検討が進められているようです。

以前は本種やキハッソク、ヌノサラシなどを「ヌノサラシ科」とまとめてあったりもしました。

ルリハタの形態的特徴としては体色が派手なことがあげられます。鮮やかな青い体で、背中が黄色く、他のハタの仲間と間違うことはないでしょう。そして頭部にも面白い特徴が色々とあります。

まず黒い円で囲ったところ。涙骨表面に迷路状の隆起があります。この特徴はルリハタのほかヤミスズキ属魚類にもみられます。黄色い円で囲ったのは下・間鰓蓋骨外縁が強い鋸歯状であるという特徴です。これはキハッソクなどでも見られる特徴です。

古い図鑑では図が記されておりマハタやユカタハタを青と黄色に塗ったような感じかと思いましたが鰭の軟条部や棘の様子などもそれらとはかなり異なる感じがします。また体側の鱗は大きな櫛鱗で、小さな櫛鱗のマハタやオオモンハタよりもざらざらした感じ。

ルリハタを食する

ルリハタは皮膚から毒を出すことが知られています。この毒はグラミスチンという毒で、他の魚を殺すこともあります。魚類データベースである、「Fishbase」でのコモン・ネームは「Goldribbon soapfish」ということですが、これは皮膚から毒をだして水が泡立つことからきているからとも言われています。

人間にはおおむね無害といわれておりますが、水槽で他の魚と飼育しているときは要注意です。漁法としては釣りなどがあげられますが、あまり食用にならず活かして持ち帰ってしまうと他の魚が死んでしまうなどの事故がおこることがあるためか、あまり市場では見ない種類です。今回は幸運にも入手することができました。

肉の色は幸いにも鮮やかな青色でも黄色でもなく、食味をそそるようなやや白濁した白色と薄いピンク。味は、薄味ではあるものの、やや甘味があり美味しい。

ルリハタの仲間

皮膚から毒をだすハタといえば本種の他にキハッソクやヌノサラシが知られています。キハッソクは佐渡島以南の日本海と、相模湾以南の太平洋岸に生息し、幼魚がたまに定置網で漁獲されその美しさが話題となったりする種。ヌノサラシは岩手県大船渡以南のサンゴ礁域に生息する種で、黒い体に白色の線が入る種類です。

ヌノサラシは他のハタの仲間とはだいぶ姿が異なる種で、前鰓蓋骨に棘が2-3本あったり、口の下に小さな顎髭のような皮弁があるなど変わった種類です。ヌノサラシは、キハッソクとはまた別の族に含まれるようですが、背鰭の棘の様子などはルリハタとよく似ています。ヌノサラシ族の魚にはほかにもアゴハタやトゲメギスの仲間が知られています。

アゴハタは下顎の皮弁がヌノサラシよりもさらに発達し、非常に面白い顔をしています。トゲメギスの仲間はハタ科ではなくメギス科に入れられていたり、独立した科とされたりしているようです。

●ハタ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます