ヒラテンジクダイ

ヒラテンジクダイ

新しい子が我が家の水槽にやってきました。テンジクダイ科の、ヒラテンジクダイOstorhinchus compressus (Smith and Radcliffe, 1911)です。

テンジクダイ科の魚はあまり観賞魚としての人気は高くないのですが、それでも本種は茶色い縦帯と尾部の黄色、青く光る眼など、よく見たら美しい魚です。他にも美しいものは多く、観賞魚としての人気が出てほしい魚といえます。

テンジクダイの仲間は群れで行動するものも多く、数匹で飼育するとよいものがいます。ネオンテンジクダイ、スカシテンジクダイなどは群れで飼育するとよいでしょう。一方でシボリなど単独でいる種類も。今回のヒラテンジクダイは枝状サンゴの合間を数匹で泳ぐことが多い種です。

テンジクダイの仲間は動物食性でプランクトンや冷凍ミシスなどを食べさせます。しかしながら今回の子はいきなり配合餌を食べ始めましたのでこれを軸に様々な餌を食べさせたいと思います。ちなみにヒラテンジクダイは大きいもので10cm近くになります。親が口腔内で卵を保護する習性はよく知られています。難しいですが繁殖も夢ではないかもしれません。

最後にシコロサンゴ。我が家の水槽でもかなりよく成長しているサンゴです。3月に破片をライブロックに接着したのですが、かなりよく成長しています。前回の6月18日のと、比べてみてください。もうライブロックの頂にまで届いてしまいました。

6月18日

8月31日

●テンジクダイ科 ●ハードコーラル

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます