オアカムロ

オアカムロ

最近、深海の魚ばっかりだったけど、今回は久し振りに深海でない魚をご紹介。アジ科のオアカムロDecapterus tabl Berry, 1968 という種類です。

オアカムロは小離鰭のあるムロアジの仲間(ムロアジ属)。日本に産する他のムロアジの仲間のうち、モロ、ムロアジ、クサヤモロ、インドマルアジ、マルアジとは尾鰭の色彩が鮮やかな赤色であることにより見分けられる。この尾が赤いムロアジの仲間は本種の他にアカアジDecapterus akaadsi Abe, 1958 、レッドテールスカッドDecapterus kurroides Bleeker, 1855、さらに最近記載された種類であるDecapterus smithvanizi Kimura, Katahira and Kuriiwa, 2013 が知られている。これらの種類はインド洋から西太平洋にかけて生息しているようだが、オアカムロは世界中の暖かい海域に生息しているようだ。

これらの種類のうち、日本に分布するのはオアカムロとアカアジ。アカアジはレッドテールスカッドや、Decapterus smithvaniziと見分けるのはなかなか難しいのですが、オアカムロとアカアジは見分けるのは難しくはない。と思う。

オアカムロDecapterus tabl Berry, 1968

アカアジDecapterus akaadsi Abe, 1958

並べてみるとこんな感じなのですが、ちょっと難しかったかも。オアカムロの胸鰭は第2背鰭まで届いていない。逆にアカアジは届いている。ただオアカムロは胸鰭が短いというよりは、胴体が長い感じがする。またオアカムロは鰓蓋弁の後縁が鋸歯状になる点も特徴的である。分布域はアカアジが北海道以南の海域、オアカムロは茨城県~沖縄県の場所に多く、それより北の海域や、日本海には少ないよう。

今回のオアカムロは刺身にして食べてみたがかなり脂がのっていて美味しかった。魚の味は脂だけで決まるものではないし、養殖魚の脂はかなり強くあまり受け入れがたいということもあるが、今回のオアカムロはかなり美味であったのだ。もっとも、ムロアジの仲間はどの種類も刺身やタタキ、焼き物など美味しいのである。

●アジ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます