アゴハゼ

アゴハゼ

この間アゴハゼを採集してきたら、意外なことにこのブログでアゴハゼの事をろくに取り上げていないに気が付いた。

アゴハゼは北海道~九州までの潮溜まりに広く分布しているハゼで、磯採集家には大変なじみの深い存在である。しかし、周年たくさんいるせいか、あまりこの種類を捕まえようとしている人はいないようだ。

アゴハゼ属はハゼ科の中のゴビオネルス亜科に属し、ウキゴリ属に似ている。アゴハゼとドロメの2種が知られ、両方とも琉球列島を除く日本の沿岸で見ることができる種類。アゴハゼとドロメの見分け方は、一般的に尾鰭に黒色点があるのはアゴハゼ、尾鰭に斑点がなく、白っぽく縁どられるのがドロメという違いがある。

宇和島に長いこと住んでいたのだが、その時はドロメが多くみられ、アゴハゼは殆ど見なかったような記憶がある。最近は関東の磯を訪れたが殆どアゴハゼであった。九州・宮崎県の潮溜まりにもアゴハゼがいた。しかしながらなぜかドロメを見る機会は少なくなってしまった。綺麗な魚を追いかけるのも良いが、そのようなものばかり追いかけていては、この2種の違いにはなかなか気が付かない。

関東某潮溜まり。ここではアゴハゼの他にも、クモハゼ、イソハゼなどのハゼを見ることができた。さらにこの周辺にはキヌバリの大きい個体も見られた。ミミズハゼやサビハゼなどもいるようだが結局見られず。キヌバリが多くみられる5月にでもまた採集に行きたいものだ。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます