イシダイ

イシダイ

今年はイシダイの当たり年なのかわからないが、ここ数年で最も多くの個体と出会うことになった。

イシダイの模様は個体によって若干、体側の暗色横帯の変異がある。

神奈川県産。この写真はプラスチックバットの上で撮影したので鰭があまり広がっていない。

ここからは伊豆大島で撮影した個体。

(眼を通る帯を含めて)頭部から3本目の帯がY字状になっている変異。

個人的には一番格好よく写真が撮れたと思う個体。

以前掌より僅かに大きめのイシダイが多数つれ、刺身と皮をゆびきにして食したところ、大変美味であった記憶がある。イシダイの仲間は日本には本種とイシガキダイの2種のみ(俗にキンダイと呼ばれているものは、イシダイとイシガキダイの交雑個体であり種には含められない)。イシガキダイの子はまだ釣ったことはないがいつかは釣って食べてみたいものだ。ちなみにこの時の釣りではイシガキダイの25cmくらいのものが同行者の方の竿にきた。私にもかなり強いひきがあったのだが、釣り上げることはできなかった。

●イシダイ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます