ヒフキアイゴ

ヒフキアイゴ

最近、とは言っても先月の19日のことなのですがwアイゴ科のヒフキアイゴをお迎えしました。水槽に長い毛状のコケが水槽によく生えてしまうので、コーラルタウンの店長さんと相談してお迎えしました。

釣りをしててアイゴに刺されたことがある母親は、この子をお迎えするのに難色を示していたのですが、実際に水槽で泳いでいるのをみて、納得してくれました。実はアイゴの仲間を飼育するのは実は2006年に福岡・津屋崎の磯でアイゴを採集してきて以来9年ぶりだったりします。ほかアミアイゴなども採集経験がありますが、飼育はしていませんでした。

こちらは標準和名アイゴ。体は褐色で白い斑点がありそこそこ綺麗な種類です。しかし鰭棘に強い毒があるので素手で触るのはしないほうが良いでしょう。概ね魚には背鰭、臀鰭、胸鰭、腹鰭、尾鰭がありますが、危険な棘があるのは背鰭、臀鰭、腹鰭。アイゴの仲間は腹鰭に2つも棘があるので特に注意。

実際にお迎えすると、ハゼにおびえて最初はなかなか洞窟の中に隠れて出てこなかったのですが、しばらくすると、出てくるようになりました。水槽の壁面に生えていたやや長い毛のようなコケは大分なくなり、ライブロックに生えたコケも捕食してくれているようです。図鑑「世界の海水魚」(益田 一・ジェラルド・R・アレン、山と渓谷社、1987年)によれば雑食性とあり、苔だけではなく配合飼料も食べています。

ヒフキアイゴの体側にある黒い模様は個体によって若干異なります。黒い楕円形に近い形や小さな円形のものもあります。全く模様がないのはSiganus vulpinusとされていましたが同種の可能性もあるようです。そうなれば、ヒフキアイゴの学名はSiganus vulpinusとなります。

昼間は綺麗な体色ですが夜間はまだら模様に色彩を変えます。アイゴの仲間は体色を変えるのが上手。

アイゴの仲間は食用としても人気があり、幼魚は沖縄の名産「すくがらす」、成魚は焼き物が美味しいです。沖縄では本種も食用になるようで漁獲されているのですが、観賞魚としてはフィリピンやインドネシアから入ってきます。この子もマニラ産。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます