イトヒキイタチウオ

イトヒキイタチウオ

深海にはアシロの仲間がいろいろとおりますが、日本では浅海性の種類はイタチウオや、アシロ、ウミドジョウ(浅いといっても70mとかですがw)くらいしかおらず、釣りではあまりなじみのない種類といえます。水深1000mより深い場所では、ソコボウズなど色々見られ、世界で最も深い海に生息する魚類はこのアシロ科の1種「ヨミノアシロ」であるともいわれています。

この魚は駿河湾の深海で採集されたイトヒキイタチウオ。日本では東北地方太平洋沖から土佐湾までみられます。生息水深は比較的浅く300m以深。その名の通り腹鰭が長いのが特徴です。口が開きっぱなしになってしまい、あまりいい写真とは言えないですが、でも初めてみるイトヒキイタチウオに興奮です。この魚を送っていただいた「さかな人」長谷川さんには感謝です!

イトヒキイタチウオの特徴は、何といっても腹鰭!腹鰭は1本の軟条からなり、臀鰭の起部を超えるほど長いのが特徴です。ちなみにイタチウオやヨロイイタチウオの腹鰭は2本。腹鰭が1本の日本産アシロ科魚類は他にウミドジョウやモモイタチウオ、スカシチョウマンなどおりますが、同じ属の魚とされているものでも腹鰭の軟条数が1本だったり、2本だったりするのです。

アシロの仲間は刺身は勿論、鍋や焼き物なども美味。今回の個体も小型ではありましたが美味しく鍋でいただきました。

●アシロ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます