ダルマオコゼ | 魚のブログ

ダルマオコゼ

あけましておめでとうございます。

今年の干支は「得手」なのですが、どうしてもからむものが少ないです。今年の数少ない干支の魚は「ダルマオコゼ」。なぜかというと、ダルマオコゼは英語で「Monkeyfish」と言います。ただしこの他にもPitted stonefishという英名が使われたりしています。英語はいくつかの名前があり、国によって、あるいは本などによって使われている名前が違ってややこしいです。最近は英語の魚類データベースである「フィッシュベース」のコモンネームが使用されていることも多いのです。ちなみにフィッシュベースでのコモンネームはPitted stonefish、Pittedというのは「穴のあいた・・・」とか「あばたになって・・・」いう意味があるようです。

穴の開いた・・・というのの、「穴」というのはこのことと思われます。後頭部の四角形のくぼみ。日本にはオニオコゼの仲間が9種いますが、その中でも後頭部の四角形のくぼみをもつのは本種のみの特徴のよう。オニオコゼの仲間は胸鰭の下端の遊離軟条の数により同定されます。日本産のものは2本か、1本、もしくはないかのどれかです。本種には胸鰭に遊離軟条がなく、オニオコゼ属やヒメオコゼ属のものと区別できます。オニダルマオコゼとは近縁なようで後頭部の形や腹鰭基部の長さなどで区別できます。背鰭の棘には毒があるようで刺されるとかなり痛い目にあいます。

オニダルマオコゼは以前に食したことがあります。このダルマオコゼも食すると美味であったのですが、小さくあまり漁獲されないためか注目はされていないようです。日本では千葉県以南の太平洋岸、島根県、山口県、長崎県、五島などで採集されています。一方のオニダルマオコゼは八丈島、串本、高知、五島、鹿児島県の内之浦、琉球列島、小笠原諸島に生息していて、南方系の種類ということです。

今年はこのブログの運営をスタートしてから10周年という、記念すべき節目の年(ただしgooブログは3年目)です。昨年はなかなかブログの更新も疎かになってしまっていたのですが・・・。今年は頻繁に更新できるように頑張ります。それでは本年もよろしくお願いいたします!

●オニオコゼ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます

コメント

  1. くじら より:

    明けましておめでとうございます☆
    今年も珍しいお魚見せてくださいね(^_^)v
    今年も宜しくお願いします♪

  2. 椎名 より:

    くじらさん こちらこそ宜しくお願いします。今年はこちらもいっぱい更新したいです^^

  3. 鈴鹿 より:

    いつも楽しく拝見させて頂いております。
    今年こそは、つくばに行くぞー!を目標にしております。
    今年も宜しくお願い致します。

  4. 椎名 より:

    今年もよろしくお願いいたします。意外と近いですよ、常磐道使ってインター2つか3つです。