モヨウヒゲ

モヨウヒゲ

今年のブログでは、最近の魚の紹介だけでなく以前であった魚の紹介もしていこうと思います。

モヨウヒゲは、ソコダラ科トウジン属に属する深海性のタラの仲間です。日本に23種もいるトウジン属の魚。

このモヨウヒゲの特徴は胸鰭の上方や体の中央部に暗色帯が入ること、鱗の小棘がやや弱いこと。吻の先端は鋭くとがっていますがこれはこのトウジン属の多くで見られる特徴です。

下顎はこのようにほとんど鱗がありません。発光器は細長いです。

しかしながら鱗は「魚類検索」で提示されているモヨウヒゲの鱗の様子とはかなり異なっていました。えええ~??

魚類検索図鑑では体側鱗の小棘列数は10列以上。となっていましたがこれはどうみても棘の列が10あるようには思えないです。マトウヒゲのほうが近いかも??(体側鱗の小棘列数は約6)

さてさて・・・??

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます