スナビクニン

スナビクニン

年頭に「毎日更新」を掲げていたこのブログも10日ほど更新していませんでした。理由は、ちょっと忙しかったこと。〆切あるお仕事ですが〆切に間に合うように一生懸命お仕事しておりました。結果何とか間に合ったようでほっとしました。

今回は、2つほど前の記事にてご紹介しました「スナビクニン」(写真はろくに掲載していなかった)ですが、それが現状は何とかうまく飼えているのでご紹介します。

スナビクニンは斑紋や色彩に変異が多くて、え、これが同じ種類かと思うようなものもおります。スナビクニンの特徴は鼻孔が1対であること、臀鰭軟条数が25~28軟条であることなどがあげられます。

オレンジ色の体で黒い斑紋が散らばる個体。

体側に細い線が入る個体。

一様に黒っぽい個体。

スナビクニンに似た特徴をもつものに「ニセソコシロ」というのもありますが、ニセソコシロは背鰭・臀鰭・胸鰭の軟条数がスナビクニンよりもやや多めなのが特徴です。この種も本州の太平洋岸、西は三重県にまで分布してるようですが、スナビクニンとは区別されていないようで、写真などもあまり撮られてないようです。

この仲間もダンゴウオの仲間と同じく腹部に吸盤をもち、岩や水槽面などに張り付くことができます。また体は柔らかく岩と岩の間をすり抜けるように移動できます。夜本種を潮溜まりで発見しましたら、素早く泳いでおりました。瞬間的には結構速く泳ぐことができるようです。

現在は水温10度ほどで管理しています。寒波が来たときは8℃にまで下がりました。しかし低い水温でもこの魚には関係ないようで元気いっぱいに泳いでおります。特に夜間にライトで水槽を照らしてみると活発に泳いでいる様子も観察できました。餌はイサザアミの冷凍のものを食べていましたが、配合飼料も食べている様子です。寝る前にあげると翌日にはなくなっています。

ちなみにその時に採集した貝はメイン水槽に入れております。ウコンハネガイみたいな貝(ミノガイの仲間?)は大きく広がると極めて美しいです。

●クサウオ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます