テリエビス

テリエビス

最近、以前のブログ記事の索引を作成していました。それをやっていると、採集や飼育はしているものの、ブログに掲載していない魚種がたくさんあったことが分かりました。たとえばあれほど釣ったりしているメジナも、過去記事を検索してみると意外にも少ない。イスズミ科など、写真さえ出てきませんでした。

このテリエビスも、過去にあちこちで釣ったりしていたのですがこのブログに掲載していませんでした。過去に記事にした魚では、ニジエビスに近い種類です。もっともニジエビスも、過去記事には写真しか載せていませんでしたが。第一イットウダイ科の魚も甘利、いえあまりこのブログに掲載できていませんでしたが。

テリエビスは千葉県以南の太平洋岸に分布し、琉球列島や伊豆諸島、小笠原諸島でも良くみられる種です。海外では、インド-太平洋および紅海に分布しています。ただし、ハワイ諸島などには分布しません。

数は多くどこにでもいる割には磯採集や釣りであまり本種には会えないのはなぜか。この種は昼間は岩影や洞窟のような場所に隠れて夜になると活発に泳ぐようになるからです。夜釣りでは本種はかなりよく釣れ、八丈島では入れ食い状態、沢山本種に逢うことができたのでした。このほかにも沖縄の石垣島で本種を釣っていますし、高知でも宿毛の魚市場で本種を発見。柏島では釣ってはいないのですが港で死骸がウツボと一緒に漂っていたりとよく出会っていた魚です。

こちらはニジエビス。和歌山県串本や高知県柏島、屋久島以南に分布する魚です。本種を釣ったのは柏島ではなく、その近くの古満目という場所です。そういえばこの属の魚は柏島ではクラカケエビスしか釣ったことないです。他に前にブログでご紹介したように那覇の漁港や、石垣島で釣っています。

この2種はそっくりですが背鰭の色彩がやや違います。ニジエビスは背鰭が黒くて、白い縦線がありますが、それは短い感じ。一方でテリエビスの場合は背鰭の鰭膜が赤く、長い白色縦線があります。下の2枚の写真。上はニジエビス、下はテリエビスです。

ちなみにこの2種は食用になっています。塩焼は小型のものは食べにくい。大きめ個体のお刺身は美味しかったです。ニジエビスは那覇で釣れたときにたべましたが美味でした。

●イットウダイ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます