ウマヅラハギ

ウマヅラハギ

最近イットウダイ科の写真記事が続きましたが、今日はまた別の種類を。
冬の鍋物はもちろん、薄造り、焼き物、煮つけetc・・・なんでも使える優等生。

カワハギ科のウマヅラハギです!

頭部にある「ツノ」(背鰭棘)は実際にはもっと長いのですが、この個体は残念ながら折れてしまっていました。ウマヅラハギといえば比較的ポピュラーな食用魚ではありますが、なぜか下関の魚市場でトロ箱に入った個体しか私のブログでは紹介したことがなかったのでした。分布域は北海道から東シナ海までとかなり広域に及びます。漁法は沖合底曳網や定置網などで漁獲されていますが、釣りではあまり歓迎されないようです。今回は富山産の個体。

ウマヅラハギの「そっくりさん」にキビレカワハギという種類がいます。キビレカワハギはウマヅラハギよりもやや南の温暖な海域に多いといわれ、四国沖や奄美諸島などでよくみられる種類です。このキビレカワハギは上記のウマヅラハギと比べて背鰭棘が長いように見えますが、これは先ほど紹介したウマヅラハギの棘が折れてしまっているためである、ということは先ほど述べました。

こちらも画質はイマイチ、なのですがキビレカワハギと思われる個体。背鰭の棘は折られていました。たしかに、この仲間の背鰭棘は鋸歯みたいなのがあって、刺さると怪我しそうです。この個体は先ほど紹介しました個体と同じく高知県産。しかしこちらはトロールではなく釣りもの。この間ご紹介しましたホホベニイットウダイを購入した、宿毛市のすくも湾中央市場にて撮影。

ウマヅラハギ▲

キビレカワハギ▲

この2種は本当に良く似ています。見分け方は頭部の様子。ウマヅラハギは鰓孔が眼中央部下方にあるのに対し、キビレカワハギではもっと前にあります。また背鰭の第1棘も、キビレカワハギの方がやや前にあります。またウマヅラハギでは体側に不規則的な斑紋がありますが、キビレカワハギではそれらがないなどの特徴もあります。ただしこの特徴は今回の個体のように薄い個体もおり、使いやすい同定形質ではないかもしれません。また鰭の色彩もやや違うようです。ウマヅラハギは軟条が緑色っぽく、キビレカワハギは名の通り黄色っぽい感じ。

●カワハギ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます