ツマグロハタンポ

ツマグロハタンポ

ハタンポの仲間は日本には少なくとも8種類が知られています。そのうち7種は、ハタンポ属に含まれます。

そのハタンポ属の種類で本州から九州で普通に見られるものは2種。「ミナミハタンポ」と「ツマグロハタンポ」。

ツマグロハタンポは、ミナミハタンポに比べて鱗が細かく側線有孔鱗数が70から82と、ミナミハタンポ(同、45~54)と多いのが特徴です。またツマグロハタンポはミナミハタンポに比べてやや寸詰まりのような気がします。そしてミナミハタンポに比べて、眼も大きい感じ。

▲ツマグロハタンポの側線

▲ツマグロハタンポの頭部

▲ミナミハタンポ

▲ミエハタンポ

ツマグロハタンポと同じく鱗数が多く細かいものにミエハタンポという種がいます。ミエハタンポは名前にミエとありますが、日本では相模湾以南、鹿児島県までみられます。しかしながら数はツマグロハタンポとミナミハタンポの2種に比べて少なく、なかなか見られません。大きいものでは全長20cm近くにもなります。

この仲間は釣りでは夜釣り、ほかの漁法では定置網で数多く漁獲されます。夜釣りでも市場でも、ハタ等のようにはありがたがられないことが多いのですが、高知県の土佐清水市、以布利の魚市場では女性が水揚げ場のミナミハタンポを集めていました。つぶして(練り物にして)販売するのだそうです。実際にミナミハタンポは焼き物、刺身などかなり美味しい魚なのです。では、ツマグロハタンポはどうでしょうか?これはフォルマリンで鰭を立ててしまっているので残念ながら食べられません。

●ハタンポ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます