ホソカマス

ホソカマス

カマス科の魚は世界でカマス属1属からなります。日本産は11種(うち2種はまだ和名がついていない)が知られていますが、いくつかの仲間に分かれています。

体が大きくなり、鰓耙がないもの。
鰓耙があるが、瘤状のもの。
棒状の鰓耙が2本あり、鱗は数が少なくてやや粗く、腹鰭起部が第1背鰭起部下方より前方にあるもの。
棒状の鰓耙が1本あり、鱗は数が多くて細かく、腹鰭起部が第1背鰭起部下方の直下、またはわずかに前方にあるもの。

日本産の魚種に限ればこの4つのタイプに分かれますが、本州から九州の防波堤で釣り人にお馴染みなのは後方の二つでしょう。前者にはアカカマスやタイワンカマスが、後者にはヤマトカマスなどが含まれます。

上の写真のホソカマスは、鰓耙が一つで、鱗が細かくて数が多い(側線有孔鱗数140~150)、腹鰭起部が第1背鰭起部下方のわずかに前方にあることから、ヤマトカマスによく似た種類です。

▲ヤマトカマス

ヤマトカマスに似ていますが、体側には腹部、および側線と重なるように橙色の縦帯があることで、体側下方に縦帯が1本ある(ただし多くは不明瞭)ヤマトカマスと区別ができます。

また側線上方横列鱗数(15~16)や側線有孔鱗数(140~150)もヤマトカマス(其々12~13、119~136)より多いです。

▲ホソカマスの鱗

▲ヤマトカマスの鱗

▲ホソカマスの体側の縦帯

基本的に熱帯性の種類であるホソカマスは従来琉球列島から記録されていましたが、数は多くはないものの相模湾や紀伊半島、高知県以布利などで記録があります。この個体は三重県・南伊勢町の定置網で採集されたもの。この個体を送ってくれたお友達には感謝です。海外では西-中央太平洋に生息し、ハワイ諸島にもみられるようです。

日本ではカマスの仲間は食用とされています。アカカマスやタイワンカマスは刺身、塩焼でも美味しく、ヤマトカマスはやや水っぽいようですがそれでも干物など美味です。しかしながら南方のオニカマスのように、食中毒を引き起こすような魚もおります。このホソカマスは食用にできるようですが、残念ながらこの個体はフォルマリンで展鰭してしまっており、食用にはできません。

●カマス科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます