サンゴイワシ

サンゴイワシ

ちょっと5日ほど更新の間隔があいてしまいました。すみません。この魚はサンゴイワシという魚です。サンゴイワシは、ハダカイワシ目・ソトオリイワシ科の魚です。

こちらはトップ画像の個体とはまた別。鰓蓋のところは光をあてると鮮やかなブルーになりとても美しいです。腹部にはたくさんの発光器があり、まさに深海魚らしい魅力にあふれる魚といえます。発光器が腹部にずらっと並ぶので、ハダカイワシの仲間と区別できます。餌は小型の甲殻類(エビ類)や、ハダカイワシの仲間です。

ハダカイワシの仲間は俗に「やけど」とよばれ、干物にしたのを販売していることがあります。ハダカイワシに近縁なこのサンゴイワシも同様に干物にして食べてみました。

頭を落として、一夜干しで、焼いて食べました。柔らかくて脂もよくのり、かなり美味しいです。骨も食べられます。干さないで焼いたものはものすごく脂が強くて食べにくい感じでした。このサンゴイワシは底曳網漁業を行っている地域では比較的よく獲れる魚なので、スーパーなどで販売されている可能性もなくはないです。見かけたらぜひ食べてみてほしい魚です。

おまけ。
寄生虫に寄生されてチョウチンアンコウみたいになったサンゴイワシさん。関係ないけど、「365日の紙飛行機」っていい曲ですね。AKBだけど。

●ソトオリイワシ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます