ハシナガアナゴ

ハシナガアナゴ

前回もハナアナゴの事を書いたような気がしますが、2回連続でアナゴの仲間。ハシナガアナゴです。

ハシナガアナゴはアナゴという名前がついていますが、アナゴ科ではなくハモ科の魚類。ただしアナゴ科と、ハモ科は近縁なよう。最もアナゴ科自体が単系統群ではないといわれてますが。

やはりハモと同様に歯が鋭い感じ。きっとこの歯で甲殻類や小型の底生魚類、あるいはイカなどを捕食するのだと思われます。また薄い色でよくわかりにくいのですが大きな胸鰭があります。この特徴で同じハモ科魚類のうち、ワタクズハモと区別できます。ワタクズハモの場合、胸鰭は痕跡的、または完全にないようです。

日本産ハモ科魚類は本種とワタクズハモの他に、水産上有用なハモ属の2種がいます。ハモ属の2種、ハモとスズハモの比較はまだできません。スズハモの状態のよい標本が入手できたならやりたいとは思っています。

ハシナガアナゴの特徴は肛門の位置が体の中央よりも後方にあること。ハモやスズハモでは体の中央より前にあることにより区別できます(ただし尾部が切れてしまっている個体を除きます)。ほかにハモの仲間よりも吻がかなりとがっているのが、異なるところです。さらには前鼻孔の位置も異なっています。ハシナガアナゴは吻の中央付近にありますが、ハモでは吻の前よりにあるようです。

今回の個体は鹿児島県近海の沖合底曳網漁業により漁獲されました。宇和海や高知県沖では残念ながらまだ見ていません。ハモ属の2種はインド‐西太平洋に分布し、国内ではハモは青森県から東シナ海、スズハモは釧路から東シナ海にまで分布するのに対して、ハシナガアナゴは熊野灘、土佐湾。佐世保、そして今回の鹿児島県に分布します。分布全体が南方によっているのかもしれません。

●ハモ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます