アブオコゼ

アブオコゼ

スズキ目・イボオコゼ科のアブオコゼ。

見た目はハオコゼに似ているが、科としてはイボオコゼ科になる。イボオコゼの仲間は体に小さな絨毛状の棘があり、触るとざらざらしているのだ。また腹鰭の軟条の数も少ない。日本産のハオコゼ科魚類は殆どの種で1棘5軟条、ハオコゼのみ1棘4軟条ではあるが、イボオコゼ科では1棘と2~3軟条だ。

アブオコゼは腹鰭が1棘2軟条であること、背鰭は第3棘の後方で凹むこと(写真)、前鰓蓋に4棘があること、臀鰭は1棘10~13軟条であること、体はあまり細長くないことなどで日本に分布するすべてのイボオコゼ科魚類と比べることができる。アブオコゼ属は世界で4種が有効種とされているが、日本に分布しているのは、アブオコゼのみ。

基本的には浅い泥底の海に生息していて、底曳網漁業で漁獲されている。ただし沖合底曳網で漁獲されるところは見たことがなく、小型底曳網では愛媛と愛知県の三河湾で確認している。分布域は青森県~九州南岸までの各地沿岸、東シナ海。海外では朝鮮半島沿岸にも分布。上の個体は、愛媛県宇和海の小型底曳網(エビなどを狙う)で漁獲された個体。トップに掲載されているものと恐らく同一の個体。水深70mほどの海底からイトヨリダイやこの間このブログでも紹介したナツハリゴチ、マトイシモチなどとともに漁獲されたものだ。

こちらは三河湾の個体。こちらはやや浅い場所を曳くのか、オキエソやアラメガレイ、ヤリヌメリ、トビヌメリなどとともに漁獲されたもの。

底曳網ではまとまって漁獲されることもあるようだが、成魚でも10cmほどにしかならない小型種であるが故に殆ど注目されていない。水揚げされても捨てられてしまう。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます