カケハシハタ

カケハシハタ

2013年、鹿児島で漁獲されたハタ(スズキ目ハタ科)を入手した。カケハシハタという種類だ。

カケハシハタはインド-西太平洋に広く分布するハタである。日本ではその割にはあまりよく見られないようで、幼魚が釣れれば、「あれ、この魚なんだろう。わからん。ちょっと聞いて見るか」というようになる種だ。また、ホウキハタと混同されていることもある。たしかに慣れないうちは分かりにくいかもしれないがなれれば決して難しくはない。ホウキハタには弧を描くような斑紋があるが、本種にはそれがなく、虫食い状の斑紋を有する。少なくとも、イヤゴハタとホウキハタの区別よりは簡単だろう。

インド-西太平洋に分布するといっても、広範囲にいるわけではなく、局所的に分布するようだ。「日本産魚類検索」によれば、日本には相模湾、駿河湾、和歌山県、高知県、愛媛県に分布とあるが、琉球列島でも獲れている。

生息場所は岩礁域だがやや深場をこのむ。ホウキハタ・イヤゴハタ・そして本種の「よく似た3兄弟」は、いずれもやや深い、水深50~300mほどの岩礁域から釣りや延縄で漁獲される。いずれの種類も食用となり、この個体も美味であった。刺身や鍋物、煮つけなどさまざまな料理に利用できる。もっとも、ハタの仲間は美味しくない種を探すのが難しい。ルリハタなどちょっと苦味がある種もいるが、他の種は巨大なクエから成魚でも20cmほどのハナスズキの類まで美味なものばかりである。

沖縄県那覇(泊いゆまちで購入した個体)

●ハタ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます