クロメジナ

クロメジナ

私のブログでは意外なことにメジナやクロメジナというのをこれまでほとんど紹介してこなかった。メジナは昨年の10月横須賀で釣ったし、クロメジナも手網で採集したことはある。

しかしクロメジナという魚を釣ったことは殆どない。しかしかつて釣ったときの写真が出てきたのでご紹介。

私の手は結構デカイのであるが、それでも小さい。釣りの用語では「こっぱ」サイズより少し大きめという程度。これは2006年に高知で釣ったもの。その時はこのくらいのサイズのメジナが多数つれた。そのなかの1匹。その年に愛媛県愛南で30cmほどのメジナを釣ったがいまのところそれが我が家で最大のメジナである・・・。

クロメジナはメジナよりも鱗が小さ目で数が多め。背鰭棘条中央下横列鱗数が7前後と少ないのがメジナ、10~11前後とやや多めなのがクロメジナというのが特徴である。この個体も10前後あるように思われる。

一般的にクロメジナとメジナは「鰓蓋の後縁が黒いのがクロメジナ、鰓蓋の後縁が黒くないのがメジナ」という風に分けられていることも多い。しかしながらメジナでも鰓蓋の縁辺が黒っぽくなることがある。この写真では鰓蓋下方に鱗がないように見えるが、これはメジナとクロメジナの共通の特徴である。しかしながら日本産のもう1種オキナメジナでは、ここにも鱗があることで区別できるようだ。

こちらはやや鱗が大きく、メジナのように思える。メジナ科の魚は日本に3種のみが知られている。そのうち2種類を一日に見ることができた。そうなれば、違いが簡単にわかるようになるだろうが、その当時はあまりよく意識していなかった。これを最後にクロメジナは殆ど釣ったことがないが、また釣って、メジナとの違いを容易に見分けることができるようになりたいところだ。

他の見分け方としては顎歯列数(メジナ1~4列、多くは2列。クロメジナは1列)、尾柄部(メジナはやや高い、クロメジナはやや低い)などでも見分けることができる。メジナは大きいもので50cmにもなるが、勿論そんな大きいのは釣ったことはない。喜界島ではメジナもクロメジナも見られるが、一番多いのはオキナメジナのようだ。オキナメジナは幼魚しか採集したことはないので、ぜひ釣ってみたいものである。

●メジナ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます