テンジクダイ

テンジクダイ

昨日マトイシモチをこのブログで書いたばかり。でも、この種も紹介できていなかったのだった。

スズキ目・テンジクダイ科・ツマグロイシモチ属の、テンジクダイ。

このテンジクダイも前回のマトイシモチ同様に宇和島沖の小型底曳網漁業で多数が採集された。生時体はピカピカに光っていて、透明感もあるという何ともいいにくい色。体側には何本かの細い横帯があるので、日本に分布するこの属の他のものと区別できる。海外にはよく似たJaydia smithiというのもいるが、これは体側の帯の数が少ないようだ。ただし、同定は難しいよう。

死後の様子。死後は灰褐色になり地味ではあるが、体側の横帯は残るので他の種と区別できる。第2背鰭には目玉模様がないのでマトイシモチとの区別は容易。本種の第2背鰭には点列状の縦帯が入る。

先ほども述べたようにこれらはいずれも小型底曳網で獲れたもの。小型底曳網はエビやタイ、アマダイなどを狙うのだが、このようなテンジクダイの仲間も3種ほどは採集されるのである。昨日のマトイシモチは水深50mほどの海底に多く生息しているが、本種はこのようなやや深い海底のほかに、水深数mしかないような浅場にもみられる。私も5月に水深3~4mほどの場所(漁港)で本種を釣っている。分布域もかなり広く、北海道~九州までの殆どの場所に見られ、瀬戸内海や日本海にも多く分布する。全国的にメジャーな食用魚とは言えないが、本種がよく獲れる地域では食用にされている。

●テンジクダイ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます