ヌメリゴチ

ヌメリゴチ

見た目が似ているのであるが、背鰭の形から別の魚のようにも見えるこの2匹の魚は実は同じ種類。スズキ目・ネズッポ亜目・ネズッポ科のヌメリゴチ。

ネズッポ科魚類にはトビヌメリ、イズヌメリ、ハタタテヌメリなどのように「~ヌメリ」という名前があるから、「ヌメリゴチ」もポピュラーかな、とお思いの方もいるだろう。しかしながらヌメリゴチは案外とこの仲間ではマイナーな種類なのだ。

ネズッポの仲間といえば砂浜、あるいは防波堤からの投げ釣り。実際にネズミゴチ、ハタタテヌメリ、トビヌメリ、ヤリヌメリはそのような釣り方でよく釣れる。場所によってはセトヌメリやヨメゴチも釣れてくるが、私は今のところ、陸からの釣りでこのヌメリゴチと同定できる個体を釣った人を見たことがないのである。いや、実際には船から本種を釣った人も、ほとんど記憶していない。

このヌメリゴチを見る機会が多いのは、日本海側、特に京都や兵庫県の底曳網漁師であろう。あのあたりでは、本種がよく漁獲されているようだ。実際に水深50m位と、比較的浅い場所を曳く網に入ってくるよう。ちなみに宇和海ではネズミゴチ、ヤリヌメリ、そして本種と同様にやや沖合の深場を好むホロヌメリの3種が多く、ヌメリゴチは見たことがない。その一方「南日本太平洋沿岸の魚類」によれば和歌山県南部の底曳網では水深30~150mの海底で本種が漁獲されるらしい。

ヌメリゴチの雄は第1背鰭の第1棘のみが糸状に長くのびることで、トビヌメリ、セトヌメリ、ハタタテヌメリ、ホロヌメリ、ヤリヌメリといった、同じように背鰭棘が糸状に伸長する種と区別できる。また前鰓蓋骨棘の形状でもヤリヌメリと区別できる。ヤリヌメリは細長いやり状であるが、本種を含む他のネズッポ属魚類はやり状にはならない。また、第1背鰭の第4鰭膜に大きな暗色斑がある。ネズミゴチの雌も第3-第4膜に大きな暗色斑を有するが、第1背鰭棘が伸びないので区別は容易。

雌の第1背鰭は一様に暗色で、第1背鰭も長く伸びていない(少し伸びるくらい)。また鰭膜には白い横線が入ることもある、というか写真の個体も入っていたのだがフラッシュをたいていたせいか目立たなくなってしまった。トビヌメリやセトヌメリも黒っぽいが背鰭の後半が黒いので区別可能。ヘラヌメリとも間違えやすいがヘラヌメリは前鰓蓋骨棘がやや長く内側に3~6つの突起を有することで区別ができる。またヘラヌメリはごく浅所に生息するとされ、総いう点でも区別できるかもしれない。ヘラヌメリは日本では太平洋岸に多く生息するほか、タイランド湾にも分布するので南方系の種なのかもしれない。

今回は標本にしたので食することはできなかった。ゆえに食についてはコメント不能だ。

●ネズッポ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます