ホタルジャコ

ホタルジャコ

スズキ目・ホタルジャコ科のホタルジャコは、私のブログでも何度か登場しているのでご存じの方も多いと思われる。しかしながら、ホタルジャコはオキヒイラギ主役のブログ記事やら、スミクイウオの記事やらに出ているだけで本種を「主役」にした記事をこれまでは書くことができなかった。

ホタルジャコは主に底曳網で漁獲される。しかしながら他のホタルジャコの仲間の種とちがい浅い場所にも出現することがあるため、定置網などで獲れることもあると思われる。この個体は以前ご紹介したアブオコゼやテンジクダイ、そして同じくホタルジャコ科の魚であるヒメスミクイウオ同様に宇和海の水深70mほどの海底を曳く底曳網によって漁獲された。生息水深は概ね50~130mほどの場所とされている。

ホタルジャコ属の魚は日本に3種が知られている。本州~九州の太平洋沿岸で漁獲されるのは本種とハネダホタルジャコである。ハネダホタルジャコはホタルジャコよりも沖合性か、生息水深が深いかで、宇和海の小型底曳網では見られない。ちなみにハネダホタルジャコの生息水深は100m以深であり、ホタルジャコよりも水深は若干深い。

↑ハネダホタルジャコ

本種とハネダホタルジャコは腹鰭と肛門の位置関係で見分けられる。ホタルジャコの肛門は腹鰭の後端よりもかなり前の方にあるのに対し、ハネダホタルジャコでは腹鰭後端付近、もしくはそれよりも後方にある。このほかに発光腺の形も違う。写真ではわからないがホタルジャコの場合発光腺は肛門付近にありU字形。ハネダホタルジャコの発光腺はホタルジャコと比較して著しく長い。しかしいずれにせよ、この写真からは見分けることは困難だ。

もう1種オキナワホタルジャコは近年になって日本(沖縄本島沖)から報告された種で、体がやや細身であり、側線有孔鱗数が48~49であることで、側線有孔鱗数が43~45のホタルジャコと見分けることができる。ちなみにオキナワホタルジャコの肛門の位置は、ホタルジャコと近いよう。

↑ホタルジャコの肛門周辺。

↑ハネダホタルジャコの肛門周辺。ちょっとミス。黒い矢印は腹鰭の端を示すが若干ずれていた。

ホタルジャコの分布はかなり広域に及ぶが、日本海側では少ない。千葉県外房~九州南岸までの太平洋沿岸に多い。海外での分布はインド-西太平洋域で、東アフリカからアラフラ海にまで分布し、紅海にも分布している模様。しかしながらこの種ももしかすると複数の種に分けられるのかもしれない。ちなみにFishbaseによればこの属は世界で6種が知られていて、21世紀に入ってからも3種が新種記載されているようである。

宇和海地域において、ホタルジャコはそのまま食されることはほとんどないが、練製品原料として極めて重要な種である。「じゃこ天」の原料として重要だ。またタチウオやアンコウなどの肉食性魚類にとっても重要な餌となっている。

●ホタルジャコ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます