トビササウシノシタ

トビササウシノシタ

だんだんと小型底曳網の魚ネタ、ストックが尽きてきました。昨日は、熊谷蛇騒動から丁度一年とフェイスブック様からお知らせがありました。はあー、こんな記念日嫌だ。あと明日また面白い、珍しい魚が届く予定なのです。ブログでまたご紹介しますね^^

カレイ目ササウシノシタ科の、トビササウシノシタ。
トビササウシノシタはササウシノシタの仲間の小型種で、大きくても全長10cmほど。水深30m以深、特に70~100mの海底に多く潜んでいる種だ。この個体は前回のホタルジャコ同様に宇和海の水深70mほどの場所から採集されたもの。数はかなり多く見られた。

ササウシノシタの仲間では胸鰭を有する種もいるが、本種にはそのようなものはない。日本産のこの科の魚で胸鰭を有するのは、セトウシノシタやシマウシノシタの類、南方性のアマミウシノシタの類など少数派で、しかもその仲間のなかにも胸鰭を欠く種がいるようだ。

ササウシノシタと間違えられることもあるが、トビササウシノシタの口はほとんどまっすぐなのに対しササウシノシタの場合は鉤状にまがるのが異なる点だ。またササウシノシタはトビササウシノシタよりも浅い海底に生息しているようであるために今回の小型底曳網では採集できなかった。しかしながら三河の底曳網ではこの種を見ているので、今後紹介していきたい。

有眼側の色彩は褐色で、体には暗色斑がいくつかある。日本産のトビササウシノシタ属は魚類検索図鑑の第2版ではトビササウシノシタとモヨウウシノシタの2種であったが、Parachirus(オトメウシノシタ属)というのがAseraggodes(トビササウシノシタ属)のシノニムとされたので、オトメウシノシタ属の2種を合わせ4種となった。さらにこのほか新しくトウヨウササウシノシタと、ムシクイササウシノシタが新種記載され、日本産のこの属の魚は6種となった(2007年に記載されたが、和名がついたのは2013年の魚類検索図鑑。(新称)と付されている)。ただし、水深70~100mほどの場所に生息するのはこのトビササウシノシタと、モヨウウシノシタくらいのもので、あとはサンゴ礁域の砂底や、岩礁に生息している。ただし、「南日本太平洋沿岸の魚類」という書籍によれば水深30~40mの浅いところを曳く網や定置網でも獲れるのだという。

トビササウシノシタは相模湾以南の太平洋岸、新潟県以南の日本海岸、九州の東シナ海岸に生息している。海外では台湾、韓国、中国沿岸、海南島に生息しているよう。ただし、京都の底曳網では見たことがない。

ウシノシタの仲間は食用になるものが多いが、ササウシノシタ科の魚はあまり食用とはなっていない。一部干物などになるそうだが、小型種が多いためあまり利用されていないのだ。例外的にこの科のものとしては大型になる熱帯性のアマミウシノシタ、ミナミシマウシノシタ、あるいは体に縞々模様があるシマウシノシタなどは食用として利用される。また日本のものは大きくても40cmほどだが、欧州には全長60cmを超えるのもいて、それは重要な食用種になっている。

●ササウシノシタ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます