マサカリテングハギ

マサカリテングハギ

日本では珍しいテングハギの仲間「マサカリテングハギ」が届いた。

これは前回紹介した「ゴマテングハギモドキ」と同じく長崎のたくじーさん(闇の中に潜んで生きておられる方のようなので本名や勤務先はやはり伏せさせていただきます。ご理解のほど、よろしくお願いいたします、 笑)より届いたもの。ありがとうございます!

マサカリテングハギは日本に生息するものでは「トサカハギ」によく似ている。トサカハギの仲間は2002年に整理がなされたよう。そのなかで新種記載なされたようだ。日本では2013年に新しく報告がなされたばかりの種類。そのため「日本産魚類検索 第三版」には載っていないのだ。日本でこれまで採集されているのは2個体で鹿児島県笠沙と伊豆半島東岸の相模湾産だ。さらに標本は残っていないようだが、小田原魚市場でも水揚げされている。海外では東アフリカ~ティモール海までのインド-西太平洋と、台湾に生息しているようだ。今回の個体は鹿児島県産であるが、長崎で水揚げされたもの。長崎の船がハタなどを釣るため東シナ海を下っていくよう。

テングハギの仲間は、昨日のゴマテングハギモドキのように吻がとがっていない種もいるが、吻部に特徴があるものが多い。本種の場合、吻背縁が突出し、吻突出部が角ばるのが特徴。トサカハギという種にも似ているが、トサカハギの場合体の背縁が盛り上がるのが特徴だが、本種はそうならない。大型種で全長70cmほどになるが、大型の個体は体が細長くなるのも特徴のようだ。
WEB魚図鑑では2個体が登録されているが、いずれもフィリピン産である。最初はトサカハギだと思っていたが、あとでこの種かもと思い、神奈川県立生命の星・地球博物館の瀬能 宏博士にお伺いしたのであるが、やはりこのマサカリテングハギということであった。同定ありがとうございました。なお、参考にした文献にはフィリピンの分布についての記述はないが、台湾とティモール海にいるのだから、当然その間の海域にもいるのだろう。この仲間の大型個体が鹿児島や相模湾で採集されているが、これらは大型個体が黒潮に乗って移動する(遊泳力はかなり強い)という説や、幼生の期間が長く、沖縄を飛ばして九州や本州にたどり着きやすいという説があるようだ。実際にこの仲間はインド-汎太平洋の広い範囲に分布するものもいる。

頭部背面に青緑色で「V」の字のような模様がある。この模様については参考にした文献(下記参照)には殆ど記述がない。恐らく冷凍したり標本にしたりすると消失するのかもしれない。しかしながらインターネットで検索をかけてみる(学名でググる)と頭部にこのような斑紋をもつ大型個体の写真がヒットした。

なおこの種は標準体長450mmであり、全長は514mmである。恐らく計測しているものの中では日本最大の個体であろうKPM-NI 25077よりも標準体長が15mmほど小さかった。先ほど述べたように大きなものは70cmほどになる。

標準和名は頭部の角ばった形状と細長い形が「まさかり」を連想させることに因む。英語名Squarenose unicornfishというのは恐らく「正方形の鼻のテングハギ」という意味。英語名も標準和名もその角ばった頭部の形が名前の由来だと思われる。勿論本種もテングハギの仲間なので、尾柄部に二つの骨質板がある。クロハギ属の魚ほどではないが、尖っていて武器に使われると危ない。またテングハギ属は腹鰭の軟条が3本しかないので、5本あるクロハギ属、サザナミハギ属、ニザダイ属、ヒレナガハギ属の魚と区別することができる。

マサカリテングハギもほかのテングハギ同様食用にすることができる。今回はカルパッチョとお刺身で食べたがどちらも美味しい。内臓が猛烈に臭うため刺身はやめておこうかとも思ったが肉は全くそんなこと無し。刺身でも十分にいけて結構美味である。なおテングハギの仲間は他フライ、バター焼きなど色々使うことができる。

参考文献
瀬能 宏・御宿昭彦・伊東正英・本村浩之. 2013. 日本初記録のニザダイ科テングハギ属の稀種マサカリテングハギ(新称)とその分布特性.神奈川県立博物館研究報告(自然科学),(42):91-96.

(なおこの論文はPDF形式のものが無償でダウンロードが可能ですので興味がある方は是非チェックしてみてください。博物館のサイトからダウンロードできますが、マサカリテングハギで検索するのが早いかも?)

●ニザダイ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます