ヒラニザ

ヒラニザ

3日連続の「長崎春のハギ祭り」。最後は、スズキ目・ニザダイ科・クロハギ属のヒラニザをご紹介。このヒラニザも、ここ二日で紹介してきたように長崎で水揚げされた個体でたくじーさん(闇の中に潜んで生きている方のようなので本名や勤務先は伏せさせていただきます 笑)より届いたもの。3日間、楽しませていただきありがとうございました。

さて、ヒラニザは前で紹介したゴマテングハギモドキおよびマサカリテングハギとは異なる亜科(Acanthurinae)に含まれる種類。この亜科にはクロハギやニセカンランハギなどの大きくなる食用種が含まれるほか、ナンヨウハギ、ニジハギ、キイロハギなど美しい色彩の魚が多数含まれており、観賞魚として人気があるものも多い。共通の特徴としては尾柄に棘があること。これに刺されると痛い目を見る。死んだ個体でも要注意だ。私もニセカンランハギにすぱっとやられたことがあるのだ。鱗の様子も、テングハギの仲間とは、ちょっと違う感じでしょ?

体には青い縞模様がある。サザナミハギとも似ているが、体が丸みを帯びていてやや長いので区別可能。なお体側に白い横帯があるように見えるがこれは傷のような感じで、模様ではない。

なおもっと詳しく見たい方は歯を見ればよい。歯の形がブラシのような変わった形をしているのがサザナミハギ。本種の場合幅広い形をしている。サザナミハギは以前別の記事で歯の写真を掲載しているのでそれを見ていただければと思う。5年近く前にミトさんに送っていただいた個体だ。

顔つきがユニーク。ヒラニザの場合、眼の周りが黄色くなっていてなかなか美しい。ただし眼の周辺が黄色くなっているニザダイは他にもニセカンランハギなど何種かいるので、同定のポイントには使い難い。

テングハギの仲間 (Nasinae) とは尾柄の様子の他にも変わっているところがある。腹鰭だ。腹鰭は1棘5軟条であり、1棘3軟条のテングハギ属のものと区別できる。ただしクロハギ属と同じAcanthurinaeの一員であるナンヨウハギは1棘3軟条なので注意する必要がある。

今回のヒラニザはカルパッチョにして食べてみた。これは美味しい。ニザダイの仲間はやや臭みがあるとも言われるが、ちゃんと処理したものの多くは臭みもなく美味しいものだ。別にカルパッチョにしなくても良かった。

ヒラニザは南アフリカのナタール~中央太平洋のマルケサス諸島、トゥアモトゥ諸島に至るインド-中央太平洋に分布する(ただし、ハワイ諸島やイースター島にはいない)。勿論日本にも分布し、琉球列島や伊豆・小笠原諸島で見られるほかに千葉県以南の太平洋岸で幼魚や若魚が見られる。サンゴ礁域や岩礁に群れで生息するが、浅海だけでなく水深100m前後のやや深い場所でも採集される。

沖縄では食用になっている。一方観賞魚としても販売されているがニザダイの仲間は大型になり遊泳性も強いので、大きな水槽でないとうまく飼うことはできないだろう。同様の事は他のニザダイの仲間にも言える。少なくともこの仲間を飼育するなら120cm、欲を言えば150cmの水槽が欲しいところである。

●ニザダイ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます