シロギス

シロギス

シロギスという魚がいる。うちのブログを見てくれる人にはもう説明する必要はなかろう。一般的に本州~九州にすむあの細長い魚だ。投げ釣りの対象となっているあの魚だ。てんぷらで食べると美味しい、あの魚である。

最近とあるお友達がブログを更新されていて、そこでキスの話が出てきた。

キスはどの砂浜にもいると思われているが、そうではないのだ。シロギスは外海の面していたり、内湾の汽水の泥底だったり、昨年は神奈川県のタイドプールで本種の小さいのを見っけるなど、結構あちこちにいるのだが、アオギスは干潟のような場所にしか生息しないらしい。東京湾、伊勢湾、吉野川河口などにいたと聞くが、現在はそれらの地域では幻となり、九州の北東岸に少しいると聞く。一部の地域では種苗生産を行い放流までされているが、それだけでこの珍しい魚を守ることはできない。生活基盤を脅かすような環境の開発をやめるのが、こういう希少な海産魚の保全のもっとも重要な手である。海水魚の住む環境を守るには、山や川の環境を守ることも必要だ。堆積物が沢山海に流れてしまうと、環境の変化に弱い生き物は姿を消してしまう。

その中には、餌となる生物も沢山含まれるだろう。餌生物も餌を食べられなければ死ぬ。そしてその餌を食べているキスも、餌が食べられずに死ぬか、小型化してしまう。「最近魚が小さくなった―」という声も漁師や「意識高い系」の環境保護主義者がよく言い、問題解決のための矛先を乱獲に求めることが多くあるが、実際には環境の破壊で海中に栄養が届かなくなり、プランクトンが減って、サバやイワシなどの魚が減っているというのもあるのではないか。そしてそれは漁師への罵倒や中傷、簡単な言い方をすれば「イジメ」にもつながるのではないか。

シロギスはヒラメやコチの類、あるいはスズキなどの魚の「エサ」でもある。勿論ヒトにとってもシロギスは重要な餌だ。そしてシロギスも大きくなると小魚を捕食したり、あるいは甲殻類、小型の貝類などを捕食する「ハンター」である。勿論キスだけではなく、他のすべての生き物が、食べたり、もしくは逆に食べられたりしている。

一度だけ、尺を超えるサイズのキスと出会ったことがある。

かなりでかいサイズだ。横に並ぶイカ、恐らくコウイカの仲間の何かだとは思うけど、種類は不明・・・と大きさを比べてみてもその大きさがわかるというものだ。残念ながらこれは地曳網で採集されたものであり、自分で釣ったわけではない。これは2005年だから、今から11年ほど前の事である。これが獲れた場所は福岡県の玄界灘で、その場所では陸にソーラーパネルが設置されていたり、電車が亡くなったりでかなり10年まえと陸の様子は違ってしまっている。海の中に大きな変異が起こっていないといいのだが。

●キス科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます