ベンガルフエダイ

ベンガルフエダイ

今年は年明けにもコメントしましたように、古い魚の写真もご紹介したいと思います。

スズキ目・フエダイ科・フエダイ属のベンガルフエダイ。

縞々3兄弟。この仲間は日本に3種いるのだが、いずれも体側に4本以上の青い縦縞があるのが特徴だ。ロクセンフエダイは、この縦縞が5本あって、あとのヨスジフエダイ、そしてこのベンガルフエダイは、4本なのである。

ベンガルフエダイとヨスジフエダイは極めて似ている。ヨスジフエダイとベンガルフエダイの簡単な見分け方は、白っぽい(死後赤みを帯びる)腹部にある。この腹部に数本の点列があるのがヨスジフエダイ、ないのがベンガルフエダイとされているが、これはヨスジフエダイの場合、模様が出現しないこともあるので注意しなければならない。

次に背鰭の棘数。ヨスジフエダイでは10~11、ベンガルフエダイでは11~12であるが、ヨスジフエダイは多くで10、ベンガルフエダイでは多くは11となっている。またヨスジフエダイでは背鰭や尾鰭の外縁は暗色であることが多い。こういうのも合わせて同定するとよいと思われる。ヨスジフエダイの写真を使って比較したいところであるが、残念ながら私はヨスジフエダイの良い写真をもっていないのだ。

分布域は広く、紅海、東アフリカなどのインド洋から西太平洋の熱帯域に産する。日本では八丈島や関東沿岸でも獲れているが、やはり屋久島や琉球列島で獲れることが多い。サンゴ礁域や浅い岩礁域に生息するといわれているが今回の個体は鹿児島県の種子島・屋久島方面で沖合底曳網漁業により漁獲されたもの。意外と深い場所にも生息しているようだ。

フエダイ、と言えば宮崎の夜釣りで人気があり、「シブダイ」と呼ばれる魚のこと。これは極めて美味しいらしい。「らしい」というのは、ろくに食べたことがないから。塩焼、刺身、ソテー、汁なんでもいけるようだ。しかしフエダイの仲間で美味しいものはほかにもたくさんいる。センネンダイ、クロホシフエダイ、ヨコスジフエダイなど。勿論、ベンガルフエダイだってそうだ。このベンガルフエダイは刺身にして食べたが極めて美味しかった。

なおベンガルフエダイも地域によりいくつかの変異があるよう。これにより日本のものがインド洋のものとは異なる種と認められれば、日本産の種に対してベンガルフエダイの標準和名は使えなくなるかもしれない。ベンガルフエダイの和名はインド洋産のものにつけられた和名だからだ。(「インド洋の魚類」という書籍でアンダマンまたはサヤデマルハ産で採集された個体につけている模様)

●フエダイ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます