ヤマトシビレエイ

ヤマトシビレエイ

5月2~7日に恒例となった「喜界島オフ会」に参加。私は3回目の参加、あららさんのほか、今回はIHさんという初めてお会いする方も参加しました。今回も沢山の人、たくさんの魚と出会うことが出来ました。であった魚はまた今度ご紹介します。

今日このブログで紹介するのは、少し前に紹介した「シビレエイ」によく似た種。シビレエイ目・シビレエイ科・ヤマトシビレエイ属の「ヤマトシビレエイ」。

シビレエイ目魚類は従来(魚類検索第二版)ではエイ目・エイ亜目・シビレエイ上科になっていたが、現在は目に昇格している模様。ただシビレエイ亜目の分類については意見が分かれるところ。今回のヤマトシビレエイは、シビレエイ科ではなくTorpedinidae(ヤマトシビレエイ科)とする意見もあるが、今回は魚類検索第三版に従い、シビレエイ科とした。

このヤマトシビレエイの仲間(ヤマトシビレエイ属)は世界に22種が知られている。そしてその分布域はほとんど世界中の温暖な海域に及ぶのだ。日本には2種が分布している。

シビレエイの仲間との違いは背鰭にある。背鰭の様子がどうなっているか。シビレエイの記事を見ればわかるだろう。背鰭が二つあるのでシビレエイの仲間と区別ができるのだ。尾部は太く、アカエイの仲間などのように尾に毒棘がないが、発電器をもっており取扱いには注意しなければならない種といえる。

眼は噴水孔よりも離れるのがヤマトシビレエイやゴマフシビレエイ、眼の直後にあるのがタイワンシビレエイということが同定のポイントとしてあげられているが、これではわかりにくい。尾鰭の形状や、第1・第2背鰭のサイズの違い、吻の形なども合わせて同定していくべきだろう。日本産のもう1種ゴマフシビレエイは、体に小さな黒色点があること、尾鰭後縁はあまり凹まないこと、等によりヤマトシビレエイと区別できる。

ヤマトシビレエイの分布は北海道~沖縄島、東シナ海までとかなり広域にすむ。あまりヒトの目にふれないのは本種は多くが深海(~1000m)に生息しているためのようだ。ただし、ダイバーによって撮影されることもある。ゴマフシビレエイの方は浅い場所にも生息し、北米西岸の巨大な海藻、ケルプをバックに泳ぐ本種の写真はよく知られている。この仲間もほかのシビレエイと同じく胎生。このヤマトシビレエイは残念ながら保管中に腐らせてしまい食べることはできなかった。

●ヤマトシビレエイ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます